写真をめぐる話

現代表現研究所の研究項目を一覧にしていきます。

京都写真学校カリキュラム
執筆:中川繁夫
293_9307
2005.4.10

写真表現の世界へようこそ!
☆これから写真表現を学ばれるあなたへ 写真表現とは、自分の<こころ>を、外に出すことです。

(001)はじめに

こんにちは、ここは写真表現の方法を学ばれるあなたへの、テキストです。
写真で自分を表現していくには、いくつもの方法があります。
ここでは、あなたの写真表現のための手助けとなれるよう、
心がけたいと思っています。

言葉よりも実践が大事だと思いますから、
カメラを持って写真を撮る、これが第一です。
そうして自分が撮った写真について、
あれこれ思いだしたら、ここを開けばよろしい。

まづは実行ありき、ぼくはこのように思っています。
 2008.1.25

(1)写真表現の基本コンセプト

写真をとらえていくということは、自分の生き方をとらえていくということにつながると思います。
そして自分という個人を超えていく手段として、
把握されていかなければならないのではないかと思います。

初期の写真技術のひとつが1839年に公表されてされてから170年余りが経ちました。
現在、これまであった写真をめぐる技術と思想の範囲では、
これから来たりくる「写真」という枠組みが捉えられない状況にあるのではないかと思っています。

これからぼくは、写真表現をめぐるさまざまなことを、
写真学講義と名づけて記述していきますが、
これからの写真ってどんなのになっていくのだろうか、
というのが主要なテーマとしてあります。

また、写真表現というものは「ひと」が個的にかかわりながら制作していくものですから、
その創造のプロセスを明確にしていければなー、とも思っています。
これはひとの内側の深~いところに疼いている欲望のありかを、
意識の上に浮上させる試みでもあると思います。

カメラと写真をとりまく様々な技術のことや、
社会とのかかわりを求める表現の歴史的な観察や、
人間の社会や文化を構成する手段としての写真の姿、
というようなことを念頭において、
これからの生き方の方向とその方法を探っていければいいな、と思っています。

人間共同体の関心ごとが年月の経過とともに変容してきて、
現在その関心ごとの広がりは「見えるものと見えないもの」のなかで、
見える宇宙見えない宇宙、
見える地球環境見えない地球環境、
見える社会現象見えない社会現象、
見える自分見えない自分・・・・・。
さまざまな見えるものと見えないものの狭間でぼくたちは生存しているのです。

写真はいつも見えるものを捉えることで
見えないものを見せようとしてきたように思います。
写真という手段は目に見えるものしか捉えられない、という宿命を知りながら、
この見えないものにアプローチすることはそれぞれの時の現代的なテーマでもありました。

これは現在もやはり主要テーマであり続けるようです。
そこで、大切なことはぼくたちが写真というメディアを使って何をするのかということです。
現在時点で科学技術が明確にしている事柄を取り入れながら、
その背景を創り成す思想というイメージ世界をふまえて、
それぞれの生き方、生存のあり方、
そして「ひと」と「ひと」との関係のあり方を模索していくこと、とでも言うことでしょうか。

これからの写真を使っての表現方法の基底には、
生命というものの根源を考えイメージしていく姿勢と、
視点をもって、こころ(精神とか内面といわれるもの)の安定、欲望の実現をめざすことがあります。

これは、「こころ」の深い処で、
現実表層を造っている世界というものを深い構造として捉え、
情動のレベルで新たなる安定や喜びを見いだしていくことではないかと思います。

写真を表現手段として手に入れるということは、
自分のいる場所を探しに出かけていくこと、
そしてその場所を確認していく作業でもあるのではないでしょうか。

これらのことを言葉でいうのは、ある程度簡単なんです。
それを具体的な作品にしていくことがじつは大変なことなんです。
でも、その大変だ!ということも十分に知ったうえで、やっていくしかないですからね。
まあね。わかる、感じる、ところからはじめていきましょう。


中川繁夫が書き表した写真についての覚書です。
京都写真学校のテキストとして執筆した文章と写真です。
執筆は2004年3月からはじめられました。

☆基礎編

★001 
写真表現の世界へようこそ

★002 未来写真のキーワード

★003 写真はこころとこころのコミュニケーション

★004 写真を学ぶ基本軸

★005 写真のネットワーク

★006 写真の仕事現場

★007 写真はおもしろい

★008 写真を越えて、新たなアート分野へ

★009 写真学の新しい理論つくり

★010 写真を教えてあげる・写真をあげる

★011 知の海・技の森/その間のあなたの心身

★012 ワークショップの世界

★013 アナログ写真とデジタル写真

★014 デジタル写真は写真の未来形

★015 フィルム写真は残れるか?

★016 写真テーマの現在

★017 なぜ写真を撮るの、写真を撮る目的

★018 写真をだれに見せるの?

★019 写真を私に見せる?

★020 写真で気持を伝える

☆技術編

★021 
技術編 ピントを合わせる

★022 技術編 露出値を決定する

★023 技術編 露出について

★024 技術編 絞り、シャッタースピード、フィルム&デジタル

★025 技術編 レンズの特長を生かす・広角と望遠

★026 技術編 写真撮影技術の基本

★027 技術編 構図のはなし

★028 技術編 風景/街の中を撮る

★029 技術編 ゾーンシステムの考え方

★030 技術編 露出を考える

★031 技術編 写真基礎講座 全13講

★032 技術編 HB-N2 標準フィルム現像液

★033 技術編 写真雑学講座(1)-1-

★034 技術編 写真雑学講座(1)-2-

★035 技術編 写真雑学講座(1)-3-

★036 技術編 写真雑学講座(1)-4-

★037 技術原理編 写真の現在

★038 技術原理編 写真の現在テーマ

★039 技術原理編 写真の原理-光を捉える

★040 技術原理編 写真の原理-遠近法-


☆写真史・写真論

★041 
写真の歴史-01- 概論

★042 写真の歴史-02- 写真発明の頃

★043 写真の歴史-03- 写真史(1)写真の発明

★044 写真の歴史-04- 20世紀初頭のアメリカ

★045 写真の歴史-05- 写真史(2)肖像写真

★046 写真の歴史-06- 写真史(3)アート写真の系譜

★047 写真の歴史-07- 写真史(4)旅行写真の系譜

★048 写真の歴史-08- 写真通史 発明から1930年代(1)

★049 写真の歴史-09- 写真通史 発明から1930年代(2)

★050 写真の歴史-10- 写真通史 発明から1930年代(3)

★051 写真の歴史-11- 1960年代アメリカ

★052 写真の歴史-12- 日本の写真史1960年代

★053 写真の歴史-13- 日本写真の1970年代

★054 写真の歴史-14- 日本の写真史1950~1970年代

★055 写真の歴史-15- 日本写真の1950年代以降

★056 写真論-01- ドキュメント写真の系譜

★057 写真論-02- 「PROVOKE」とその時代

★058 写真論-03- 作家研究「東松照明」の50年史

★059 写真論-04- 写真雑学講座(1) 1~17

★060 写真論-05- アートとはなにかということ

☆写真の周辺理論編

★061 
写真とこころ

★062 現代写真表現論テキスト

★063 デジタルカメラ、デジタル写真の話

★064 デジタル時代のフィルム写真

★065 写真の限界

★066 写真の範囲 つまりお金ではない

★067 写真のテーマが向かうもの

★068 写真の定義 写真の理論 写真の中味

★069 写真は芸術?

★070 写真を展示する場所

★071 写真と映像

★072 写真と絵画

★073 写真と文章

★074 写真と社会

★075 写真と文化-そして芸術ということ-

★076 写真と宇宙

★077 写真表現とは?

★078 
写真の現在的視点-01~03-

★079 写真の現在的視点-デジタル写真の時代-1~4-

★080 写真の現在的視点-フィルム写真の現在-1~3-

写真の理論編 追録

★081
写真評論 写真への覚書-1-

★082 写真評論 写真への覚書-2-

★083 写真評論 写真への覚書-自己表現論-

★084 写真評論 写真への覚書-写真表現論-

★085 写真評論 写真への覚書-私風景論-

★086 写真評論 写真への覚書-写真の被写体論-

★087 写真評論 写真への覚書-風俗写真論-

★088 写真評論 写真への覚書-写真試論-

★089 2013年度ゼミ☆写真を学ぶカリキュラム☆

★090 現代写真表現論 2009

★091 現代写真資料-1- 日本の作家1950年代以降(1)

★092 現代写真資料-2- 日本の作家1980年代以降(1)

★093 写真評論集-1- 2006.9.17

★094 写真評論集-2- 2006.9.17

★095 写真評論集-3- 2006.9.17

★096 写真評論集-4- 2006.9.17

★097 写真評論集-5- 2006.9.17

★098 写真評論集-6- 2006.9017

★099 写真評論集-7- 2006.9.17

★100 写真評論集-8- 2006.9.17

★101 技術編 サイアノプリントの制作

★102 写真評論 現代メディア表現論 2010

★103 写真論-写真についての覚書-(1)

★104 写真論-写真についての覚書-(2)

★105 森山大道、荒木経惟、中平卓馬から学ぶ、写真表現

★106 自費出版物から学ぶ写真表現



120osaka1308090027
 1992年6月、大阪は南森町のマンションビルに<写真図書館>がオープンします。
 1994年5月、中津の教文研ビルに写真図書館が移転します。写真は移転のあとのオープニングセレモニーの様子です。



800siryo0502040017
 1986年の開催ワークショップは静原で、1987年からは大原で開催することになります。翌年1988年には拠点としてフォトハウス資料室とフォトハウスミーティングルームを開設します。

_20181002_095236
 フォトハウスの最初の案内発信は1984年11月15日付で、案内と組織図を郵便にて関係各位に発送しました。その文面を書き上げておきます。
<フォトハウスが行う当面の事業について>
 私たちフォトハウス設立準備会のメンバーは、その構想概要を明確にすべくミーティングを重ねてまいりましたが、ここに、フォトハウスが行う当面の事業についての構想概要が明確になってきましたので、より多くの皆様のご指導を仰ぎたく、ここに列記し、ご賛同をお願い申しあげる私大です。
 さて、私たちは、かねてから、世界にはばたいていけるイメージ都市<京都>において、現代写真の質を定着させるべく、また現代写真の質を具現化する人材の輩出に向けて、そのバック・グラウンド創りとして幾多の方法を考えてまいりました。
 たとえば「図書館に写真集を!」運動(1982-6)や、「フォト・シンポジューム in kyoto」の開催(1981-11・1982・12)、また写真批評誌「映像情報」の発刊(1980-8~84-1)等々。そすて現在(1984-11)、なによりもそれら写真をめぐる潮流の意をくみとり、今後も引き続き、より発展的にそれらを総括し、新たなる写真をめざじて、実践していける母体創出の必要を痛感してきたところです。
 そこで私たちは、写真という表現形態を持って、個々が一層主体的にかかわって、よりすぐれた写真活動のできる土壌を創っていく母体として、機能していけるシステムの創出を基本とした、フォトハウスの設立をもくろみ、ここにその準備会が発足しました。
 フォトハウスとして具体的には、次のような企画と形態を考えています。
1、フォト・ワークショップの開講
2、フォト・シンポジュームの開催
3、写真展などの開催
4、写真批評誌の発行
5、写真集など単行本の刊行
6、その他、営業に関する企画
 これらの事業を達成していくための形態としては、組織図において明確にされているように、フォトハウスのありうべき方向を協議するための運営委員会を設定し、その内容を具体化して実行する実務処理機関として総務事務局を設置しました。
 またフォトハウス構想の中軸となる研究部門を総括する研究講座事務局の設置、また研究部門で成された成果を媒体として公表することを中軸とする出版局の設置、そしてこれらの流通機能を担当する業務企画局の設置。これらの機能を整備することによって、フォトハウスの外観とします。
 こうして外観についての構想はできましたが、要は内容の問題であると思います。そして、これらの事業を行っていく為にはひとりや二人の力では、どうすることも出来ないものです。また事業を成すためには、物、金、人という3つの条件が必要とも言われており、この各々について解決していかなければならない問題があります。しかし、だからといって、あきらめてしまうのではなく、これらの意に賛同される人々は、今こそ、ここに総結集してひとつ一つと問題の解決のために、協同していく必要があるでしょう。
 また、私たちは、現在であるからこそ、これたの行為や実験のすべてが意味を持つと、考えています。私たちとしては、何よりも現代写真が担わなければならない質は、私たち自身でしか担えないだろうと考えているのです。フォトハウスへ、皆様のより豊かな創造で、積極的な参加を期待しています。(全文掲載しました)




このページのトップヘ