京都写真学校カリキュラム
執筆:中川繁夫

☆☆写真学講義☆☆
nakagawa shigeo 2004.6.11~2008.2.6
487_8715
(011)技の海・知の森、その間のあなたの心身
写真を撮って作品と呼べるような代物に仕上げていくのに何が必要なんでしょうね。
つまり写真を構成する要素とは何か、っていうことですね。

写真ってカメラを使いますよね。いろんな種類のカメラがありますが、カメラの機能は外の光を取り込んでフィルムまたはデジタルデータとして保存するということなのです。これが基本条件です。

写真のことを、外の光を取り込むことで絵を描く、自然の鉛筆ってタルボットは名づけましたが、光の芸術って言い方も出来るかと思います。

写真を撮るといったとき、この光をどのように定着させるかということが大きな課題でした。
その後、カメラ装置が改良されて今あるカメラの姿になっているんですが、でもカメラに取り入れる光の量をどうコントロールするのか、ということが出来栄えにおおきく影響するんです。

ですから写真で作品を創るときには光の量をコントロールする技術が必要になってきます。
写真を作るのに必要な素材はフィルムまたはデジタルデータのメモリーです。カメラの装置には、絞り値とシャッタースピードがあります。

フィルム感度と絞り値とシャッタースピードの三つを組み合わせて、いちばん素敵な状態を作り出すことが重要なんです。これは経験を積むことで微妙に細部をコントロールできるようになります。それとあなたの感性、いちばん素敵な状態だと判断してあげる感性が必要になります。

でもでもでも、でもなんです。技術力が抜群向上したからって作品が出来たとはいえないんです。
その写っている中味のことが重要になってくるんです。
珍しい、非常に珍しい物や現象が写ってる、というのは一つの価値を構成します。
それと自分の考え方を反映させる写真というのも一つの価値を構成します。
わたしたちはよく、「○○を観る目」という表現をしますが、この何かを観る目っていうのが大切なことなんです。

世の中の一人として生活していると食べたり見たりする「物」だけではなくて、食べ物や物質に様々な意味をつけて価値化していくんですけれど、その意味と価値をどのように写真に写しこむのかということが、やっぱり必要なことなんです。これをコンセプト(考え方とでも訳しましょうか)っていってますね。

つまりあなたの身体の作業として、技を磨くことと考え方を出すことの必要があるわけです。
考え方をだすことは頭脳プレーです。このように見ると写真は心身作業です。
こころとからだが一体となって写真が創られるのです。

こころには感情があります。論理を組み立てるだけではありませんよね。たいていは感情なんです。
情動っていいますけど、快不快、きもちいい!きもちわるい!っていう感情なんです。
写真を見ていてこの情動をどう発生させるか、というのが今では基本中の基本だと思います。

情動だけで見れる写真っていうのもあるかと思いますが、これは鑑賞者の立場であってですね、作家はやっぱり、技術と知的分析と情動に訴えるという三点セットを使いこなすことが必要なんじゃないですかね~~。