☆☆写真講義☆☆ 応用理論編
写真と映像
nakagawa shigeo 2004
IMG_3273
写真と映像

写真の発明が1839年ですね。
それから半世紀のちの19世紀末に映画が作られる。
そこから写真術の発展系として映画が誕生してきます。
ここで「写真」は静止画で、「映画」は静止画の連続したもの(動画)として捉えます。
静止画と動画という区分でいいですね。
このことが基本です。

人間の欲望という側面から観ると、
静止画より動画のほうが動く現実に即していますから、
動画のほうにリアリティを感じるようになりますね。
古いメディアがが新しいメディアに淘汰される。
とは言いながらも静止画である写真が存続しています。

写真も映像(ビデオ映像含む)も並立しています。
社会の商業システムでは、印刷媒体と電波媒体のふたつの系がありますから、
並立は当然といえば当然なんですが・・・

個人ユースとしての写真と映像という観点から見てみます。
どちらも工業製品としてのカメラとメモリ(フィルム含む)を使います。
個人の利用の仕方については産業体からの供給によって選択する。
そこに写真カメラとビデオカメラが並立してあります。
いまなお写真カメラが衰退しない状況です。

単に経済システムの生産と消費という図式のなかでの解析だけでは測れない、
写真需要の秘密が「写真」というものにあるのだろうと思います。
このことを解き明かしていくことが必要だと思っています。

システムとしての美術館や映画館やお茶の間TVスタジオのあり方だけではないもの。
人間の欲望の根源を探り出す方向での解析が求められてきていると思っています。
この「人間の欲望」という観点からの認識が「写真」に求められるとき、
写真の学習はようやく社会性をもつことになりますね。
つまり写真のことを考えるのには、
写真以外のことを知って写真に照射しなおすという視点です。

もちろんこれは映像をテーマに考えるときの視点でもありますけれどね。