☆☆写真講義☆☆ 応用理論編
写真と絵画
nakagawa shigeo 2004
IMG_2406
写真と絵画

写真のかたちが絵画と酷似しているがゆえ、写真と絵画の関係をさぐる話は多くあります。
写真の発明以後、形式が平面であるがゆえ、写真は絵画と比較して語られてきました。

写真を絵画の下絵として(スケッチの換わり)の目的で撮っていたアジェ(20C前期)
写真を絵画に近づけようとして模索したピクトリアリズム(19C後期)
それから1世紀以上の時間経過があったいま、
あらためて写真と絵画の類似性ゆえ、絵画の追随をしている傾向もあります。

光が勝手に描いてくれる絵画としての写真
花の季節に神社仏閣を詣でるとそこにカメラを携えた人が多くいます。
そのそばに画布をしつらえて絵を描いている人が多くいます。

カメラの時間と絵画の時間を考えてみると
カメラは多くて1秒、絵画は・・・時間、という差
カメラは軽い絵画装置なんかな~なんて思ってしまいます。

もちろん写真が成してきた役割はもっと多くの系をつくっています。
ドキュメント、報道、瞬間記録、等々さまざまな分野で有効かつ必要に使われています。
また芸術?作品としても多くの潮流をつくってきました。

でも一方で写真を社会的有用性の観点から見るだけでなくて、
人間の創造物としての写真作品のあり方を見るとき、
ステーグリッツ以後、そこに独自の制作方法が導かれてきたことがあります。
人間の内面を描き出す装置としての写真(カメラワーク)です。

デジタル処理の時代に入った写真!
フィルム160年余の年月を経過していま、
あたらしい時代に入っています。

160年余前には、絵画のような「光が描く絵画」として登場した写真でした。
いまフィルム写真のような「デジタルをベースにした写真」が登場したデジタル写真です。

さてさてどうなんでしょうね、単にメモリの形式が変わっただけ?なのか、
それとも全く新しい領域だけどフィルム写真と併走している時期?なのか。
このあたりの考証考察がいま必要とされていることなのかも知れないですね。

写真を考える上で解くべく問題を提起しておきますね。