☆☆写真講義☆☆ 応用理論編
写真と社会
nakagawa shigeo 2004
IMG_0964
写真と社会

写真がこれまで存立してきた165年(1839年発明)のあいだ、
いつも話題となってきたのが「写真の社会的存在」というテーマです。

ここでいう「社会」とは何をさすかというと「人間を中心とした人間関係の全て」です。
とくに、ドキュメントまたはドキュメンタリーって言われている
写真の手法に限定して写真と社会との関係をみてみるとですね、
(ここでは総論ですから、ことの細部はいまは入れません。)

20世紀社会の大きな出来事っていうと、
第一次、第二次世界大戦の出来事が20世紀の前半です。
米ソ冷戦構造を受けた国際社会構造から起こる出来事が20世紀後半です。
それから20世紀の終わり近く1989年のベルリンの壁崩壊以後の国際社会の出来事。
これがいま2004年6月末日の今日の大きな出来事の結果の枠組みですね。

ここでね、現在の大きな出来事を伝えるメディアというのはTV映像ですよね。

でもね、まだTVが主流でなかったころの1950年代から60年代までの映像イメージは主に写真でした。
アメリカではグラフ雑誌(LIFEが有名)には写真がいっぱい掲載されていて、
社会に大きく世論形成を仕掛けていたんです。

そうしたら60年代以降、現在まで、写真の役割はなくなったのかというと、
決してそうではないと思っています。
ただ、即物的な現場報告はもうTV映像になりましたね、というのがホンネです。

この国が高度成長を始める1960年代以降ですね、
どういうことが起こるかというと商業ベースでいうと、
ファッション雑誌の盛隆とか旅行ブームとかですね、
お金が多様に社会の中にまわり出す背景に、
写真の役割がけっこう多くあったんだと思っています。

社会が人間の欲望を刺激してきて、人々は現在と未来に夢をいだいてきます。
衣服を買ったり、旅行したり、いやはや日常生活に必要な食べ物の購入において・・・
豊かな生活を満喫させてくれるように思ってしまうその背景に写真があった。

そうなんですよ、雑誌には写真がいっぱい詰まっていて、その写真を見て、
わたしたちは消費する気持を刺激されて、その写真のイメージに引き込まれていきます。

ちょっと、こんな経験ありませんか?
旅行に行って観てみたい場所とかっていうのは、写真で観た場所、だってこと。
それに旅行先で見た光景が、あ、写真に写ってた場所や!!っていう感動です。

こんなふうに社会での写真の役割って内容こそ、
その時代によって変化してきていますが、
社会の合意というかコンセンサスというか支持っていうか、
言い方いろいろあると思いますが、
世論を作っていくのに大きな役割を果たしているんですね。

今日は、写真というものが社会的存在である、ということについてのお話でした。
写真を撮る人と社会との関係ということは、全くオミットしています。
あしからずご了承ください(笑)
そのうち、そのうち、作家と社会なんてことにも及んでいきますからね^o^: