_20191227_150512
2019年12月30日、雑記帳復活、ここのブログには、写真資料と写真の文章を綴ってきているので、やめるにやめれないのです。今年一年、いろいろとやってきたところですが、思うほどに動かなかったから、来年は主体的に行動するのには、少し静観しようとの思いがやってきています。正月明けにも、このブログを続けるつもりしているので、シリーズのタイトルを変えようとも思っています。ここには自分のやってきたことが記録として残してきているので、消滅させるには惜しい気がしているのです。でも、終焉の方に向けているから、記事をアーカイブして消してしまうかも知れません。

資料集として提供しようという思いが過去にはありまして、このブログには、中川が集めた日本の写真家たちのイメージ、それに中川の評論的な文章を中心に構成してきたところです。その公開しておく役目も、もう終わっているのかと思っているんです。もう、同時代の人じゃない年代だし、いまさら中心的に旗振ってもだれも来ないことが明白となったようだから、このへんが引きぎわというところでしょう。けっきょくはぐれ狼みたいになってしまって、他人を恨んでも仕方がなくて、自分で責任を取るべきだろうと思います。

2020年は東京オリンピックの年だといって、世の中、景気浮上させようと躍起になっているけど、僕レベルでは金婚式を迎える年です。50年が経ったわけですね、昔なら珍しいことかも知れません。ここまで生きてきて、なにが為し得られたのか、いろいろ思うけど、ひとりよがりでしかなかった、と思えます。作品を残していくのにネットメディアのなかだけでは、限界があって、やっぱり本にしていかないと残らないなぁ、と思ったり、本にしたところで、だれが見てくれるのか、過去の人たちが写真集を残したりしているけど、死んでからでは仕方がないと思います。