中川繁夫において、写真の枠組みを構成する領域を明確にする作業をおこないます。
ここは枠組み構成のための<目次ページ>です。
目次に羅列の項目に基づいて、映像化して、シリーズにする計画です。

映像化のための個別プロセス

中川繁夫の関西・京都における1980年代の体験的写真史
 ・フリースペース「聖家族」1980.2
 ・フリースペース聖家族の創出1980 
 ・自主ギャラリーを持ちたい願望
 ・聖家族での釜ヶ崎写真展1979.12
 ・テレビモアグループとの出会い1979.12
 ・映像情報の発刊1980年8月~
 ・自主ギャラリー「ザ・フォーラム」の創設1982年
 ・東松照明の世界<いま>展への参加
 ・フォトシンポジューム京都1981年&1982年
 ・図書館に写真集を!、運動1982年
 ・東松照明さん京都へ来る1981.12

1、自分をめぐる活動あのころ
1980年代
 (1)飲み屋「聖家族」のこと1970年代から80年代へ
 (2)季刊釜ヶ崎と映像情報発刊前後1980年から1984年へ
 (3)フォトハウスの構想と東松照明さん1984年
 (4)フォトハウス写真ワークショップ京都1985年~
 (5)フォトハウス資料室1988年
 (6)写真図書館設立1992年

1970年代
 1970年4月、結婚、公務員、家庭を築く、文学から写真へ
 1974年、職場で写真の勉強、全日本写真連盟に加入1975年
 1976年京都シュピーゲル(光影会)会員と達栄作さん1976年~1979年

1960年代
 1968年4月大学に入学
 1968年9月、出版社勤務で東京へ行く
 1969年10月21日を東京で過ごして京都に帰る
 1970年4月結婚、学生生活に戻る

2、関西写真シーンのあの頃
 1970年代
 1980年代
 1990年代
 2000年代
 2010年代


写真制作の技術論
 カメラ
 ・カメラ操作
 ・カメラの歴史
 ・カメラを制作する
 感材
 ・フィルムの現像
 ・印画紙への焼き付け
 ・デジタルデータの処理
 ・古典技法による感材制作
 表現物へ
 ・写真作品としての完成プロセス
 ・オリジナルプリントとしての処理

写真を捉える理論
 社会との接点、政治との接点、文学との接点
 絵画から写真へ、絵画と写真、写真と映像、
 メディアアートへの展開
 オリジナルプリントの概念
 メディア研究、出版、ギャラリー、WEBネットギャラリー

産業としてのカメラと作品流通
 カメラメーカー
 感材メーカー
 ギャラリー運営者

写真の歴史
 肖像写真館
 報道カメラマン
 雑誌カメラマン
 写真作家
 時代を反映する作品の特徴
 写真のジャンル考察





_20180721_174424