249_4918
 1981年11月に開催した「フォトシンポジウム京都」の討議のなかで、写真集などを見る場所がない、という現実に気づいたところで、図書館に写真集を集めよう、写真集の寄贈運動をやろう、という発案を、中川に話したのは畑祥雄でした。話が具体化するのは年が明けて1982年1月、畑と中川は、国立民族学博物館の梅棹館長を訪ねます。30分間の面会で、図書館に写真集を集めたいが、どこの図書館がいいかとの話になって、面会のその場から京都府立総合資料館に引き受けていただくことになり、その直後には総合資料館を訪問しました。具体的には6月1日に贈呈式を行い「写真集コーナー」がオープンすることになりました。

 呼びかけ人会が組成され、そのメンバーは岡田悦子(ギャラリーDOT)、畑祥雄(写真家)、井上隆雄(写真家)、堀内義晃(写真家)、中川繁夫(写真家、映像情報編集者)の五名です。「図書館に写真集を!呼びかけ人会」の連絡先はギャラリーDOTになります。寄贈写真集の送り先は82年6月1日までは京都府立総合資料館内「図書館に写真集を!呼びかけ人会」宛て、6月1日以降は「写真集コーナー」宛、ということになった。記者会見をして、新聞にも記事として紹介され、集まった寄贈写真集はおよそ600冊と聞いています。

 1981年末から1982年6月までの京都と大阪のムーブメントをみると、自主ギャラリー「ザ・フォーラム」のオープンが5月、図書館に写真集を!の写真集コーナーの開設が6月です。双方に共通して関係するのは、映像情報の中川と写真家の畑です。ザ・フォーラムは中川が主導し、図書館に写真集を!は畑が主導します。東松照明の世界展開催のための準備会から実行委員会組成までが行われるなかで、1981.11のフォトシンポジウム京都開催、その流れでで図書館に写真集を!のムーブメントが起こります。フォトシンポジウムの参加者に図書館に写真集を!を呼びかける五名の名前があります。人が集まる共同作業に、メンバーがアメーバのごとく重なりあい離れあっていくのがわかります。